タダリスタを服用できない6つの症状

1.硝酸剤を使用中の場合

【理由】

タダリスタと硝酸剤を併用すると、降圧作用が強く働き血圧が急激に下がる可能性があります。臨床実験においても心血管系の有害事象が発生する確率が高くなることが報告されているため、硝酸剤との併用は避ける必要があります。

タダリスタと硝酸剤と併用すると、最悪の場合、死に至る可能性もあります。

2.不安定狭心症がある場合

3.最近3ヶ月以内に心筋梗塞を起こしたことがある場合

4.最近6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血を起こしたことがある場合

5.治療による管理のされていない不整脈の場合

【理由】

性行為は血圧、心拍数、心筋酸素消費量を増加させます。そのため、心血管系の疾患を抱えている人は性行為自体を控える必要があります。タダリスタを服用することで、普段よりも性行為が激しくなり、より心臓などに負担をかけるリスクが高まります。

また、タダリスタは血管を弛緩し血液を低くするため、血圧コントロールが必要な脳梗塞、脳出血後の患者には適していません。

6.重い肝障害がある場合

【理由】

肝障害を抱えている場合、タダリスタのクリアランスが低下することが臨床実験で明らかになっています。タダリスタは肝臓で代謝され自然排泄されますが、肝障害を抱えている場合この排泄が遅れます。

そうすると、体内にタダリスタが蓄積され、過剰摂取となり重篤な副作用を起こす恐れがあります。

病院での購入の仕方

タダリスタはシアリスのジェネリック医薬品であり、日本では認可を取得していません。そのため、病院ではタダリスタの処方はしていません。

タダリスタを手に入れたい場合は、個人で輸入をする必要があります。個人輸入代行サービスでは、輸入から自宅への発送まですべて代わりにやってくれるので、海外のお薬を簡単に購入することができます。

インポートエージェンシーではタダリスタを含む多数のお薬を取り扱ってるため、海外のお薬を購入したい際に非常に便利です。